社会貢献

企業市民の一員として社会的責任を果たす一環として、
積極的に社会貢献活動を推進・支援しております。

■日本赤十字社沖縄県支部
日本赤十字社沖縄県支部は、国内外の救援活動をはじめ、
高齢者看護、献血推進等、あらゆる活動を行っている機関です。
当社では利益の一部を寄付させていただいております。

■国連UNHCR協会
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は、国連の難民支援機関として、1950年に設立されました。
人道的見地から、迫害や紛争によって故郷を追われた世界の難民を保護し、
難民問題の解決へ向けた国際的な活動を先導、調整する任務を負っています。
当社では利益の一部を寄付させていただいております。

■セカンドハーベスト・ジャパン
(株)琉球ネット商事がセカンドハーベスト・ジャパンへ
沖縄カレースープ8,000食分を寄付しました。
セカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)は、日本でのフードセーフティネットの
構築を目的とし、児童養護・母子支援・障害者支援等の福祉施設や生活困窮者などに
食品の提供を行っている団体です。

■東北地方太平洋沖地震救済義援金のお知らせ
2011年3月11日、マグニチュード9.0を記録する大地震が東北地方太平洋沖で
発生しました。
この震災によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り致しますとともに
被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。

今回の震災に伴い、沢山の社員の皆様より義援金の申し出がありましたが、
当社社員よりお預かりした義援金は下記団体を通して、被災地へ届けられました。

■「美優ちゃんを救う会」支援募金のご報告
この度、琉球ネットワークサービスは社内において、要 美優(かなめ みゆ)ちゃんの
米国における心臓移植手術実現のための募金活動を実施いたしました。
沢山の社員の協力により集まった募金を全額、
去る2011年2月6日(日)「美優ちゃんを救う会」事務局様に寄付させていただきました。
美優ちゃんが一日も早く元気に回復されますことを心よりお祈り致します。

■国境なき医師団
国境なき医師団は貧困地域や第三世界、紛争地域を中心に、
年間約4,700人の医療スタッフが世界各地70ヶ国以上で活動しているNPO法人であり、
当社では利益の一部を寄付させていただいております。

■日本ユニセフ協会
会長をはじめ、多数の社員が自主的に募金活動を行っております。

■エコキャッププロジェクト
当社では「ペットボトルキャップのリサイクル活動」を開始。
普段何気なく捨ててしまうペットボトルキャップも、リサイクルすることによって
貴重な資源として再利用できます。
社内にペットボトルキャップの回収箱を設置し、集めたペットボトルキャップは
QABで回収・リサイクル業者に売却され、その収益は沖縄の環境保護団体に寄附されます。

私たちは、個人の意思と責任に基づくボランティア精神を尊重し、
沢山の社員にご協力いただきペットボトルキャップを回収しています。