健康経営優良法人2021の認定について





株式会社琉球ネットワークサービスは、経済産業省と日本健康会議が主催する、健康経営優良法人認定制度において従業員の 健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業として2021年3月4日、「健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)」に認定されました。

さらに当社は、県民全体へ健康保持・増進への波及効果を高めていくことを目的とした「おきなわ健康経営プラス1プロジェクト」に参加しており、 当社開発の「安心と安全を見える化」するアプリケーション(Safety Pass)を提供し、沖縄の健康課題改善へ貢献してまいりたいと存じます。




    【宣言】

    職場環境の整備と従業員及びその家族の健康保持・増進活動を通じて健康経営を推進し、会社の発展向上を目指して参ります。


    【主な取組み】


  • (1)健康宣言の社内外への発信
  •    ・本社応接室に掲示
       ・会社HPに掲載

  • (2)経営者自身の健診受診
  •  
  • (3)健康づくり担当者の設置
  •    ・産業医、衛生管理者を設置
       ・産業医等を通した従業員の課題把握、健康経営の取り組みの方針や進捗状況、結果等に関する報告及び相談
       ・定期健康診断や保健指導の予約、従業員への周知等

  • (4)40歳以上の従業員の健康診断のデータ提供(健保の求めに応じて)
  •  
  • (5)健康課題に基づいた具体的目標の設定
  •    ・インフルエンザ予防接種の接種率の向上(目標値50%)
       ⇒衛生委員会の実施において、課題を把握

  • (6)定期健診受診率(実質 100%)
  •  
  • (7)ストレスチェックの実施
  •  
  • (8)健康診断受診勧奨の取組み(再検査、精密検査対象者への勧奨を含む)
  •  
  • (9)管理職又は従業員に対する教育機会の設定(産業医からの健康情報の提供)
  •  
  • (10)適切な働き方実現に向けた取り組み
  •    ・ノー残業デイの制定
         (実績)2018年 13.3h/月 2019年 10.21/月 2020年 8.75h/月
       ・年休の取得促進
         (実績)2018年 64.5% 2019年 75.1% 2020年75.7% (特別休暇/夏季休暇/看護休暇含む)
       ・法定を超える育児・介護等のための短時間勤務制度
       ・任意のタイミングで取得できる有給の特別休暇制度
       ・男性の育休取得促進(育休実績有)
  •  
  • (11)コミュニケーションの促進に向けた取り組み
  •    ・ビーチパーティ、懇親会(新年会・忘年会)の実施(現在はコロナ禍により自粛)
       ・那覇ハーリー・運動会・社員旅行(現在はコロナ禍により自粛)

  • (12)病気の治療と仕事の両立の促進に向けた取り組み
  •    ・面談の実施
       ・配置転換、勤務内容・勤務時間の変更等

  • (13)保健指導の実施及び特定保健指導実施機会の提供に関する取り組み
  •    ・保健指導実施時間の出勤認定 
       ・特定保健指導の実施場所の提供等

  • (14)従業員の感染症予防に向けた取り組み
  •    ・インフルエンザ予防接種の費用を一部負担
       ・新型コロナウイルス感染症への対応方針の社内発信
       ・発熱時や家族の感染時、濃厚接触者となった場合の社内ルールの整備
       ・従業員の健康を確保及び優先するための行動指針、職場環境の対応指針の周知
       ・マスクの配布(個人で入手困難の場合には会社から支給)
       ・消毒液の常設、空気清浄機の設置、ミスト設置
       ・手すり等、多くの人が触れる共有スペースの抗菌施工
       ・換気状態の確認と改善、観葉植物の設置
       ・在学中の子を持つ従業員に対する学校の休校に伴う特別休暇の付与
       ・感染症予防策に関する情報提供
       ・出張者には移動の際、会社負担でPCR検査受診の義務化

  • (15)メンタルヘルス不調者への対応に関する取り組み
  •    ・相談窓口の設置(必要に応じて会社負担にてカウンセラー面談を実施)
       ・復帰に向けた医師の意見を踏まえた支援体制の整備
       ・復職のための試し出勤制度などの整備
       ・本人の状況を踏まえた働き方の策定(配置転換、勤務内容、勤務時間、勤務地)

  • (16)受動喫煙対策に関する取り組み(全面禁煙/全社員禁煙奨励)
  •  
  • (17)健康経営の取り組みに対する評価・改善
  •    ・各所属部の上長へ健康診断の未受診者を報告し、上長から受診を勧奨。
       それでも受診していない社員については、個別にメールで受診を勧奨。
       ・健診結果に伴う産業医の意見書を個別にメールで報告(D判定の方のみ)
       ・有休取得率の低い社員を洗い出し、所属部長へ報告し、
       社員との面談において、有休取得スケジュールを作成する

  • (18)従業員の健康管理に関連する法令について重大な違反が無い
  •  
  • (19)他、認定および宣言
  •   ・ワーク・ライフ・バランス認定 平成22年11月10日認定
    沖縄県では、労働者個人の生活時間に配慮した働き方、働かせ方がその持てる能力を最大限に発揮させ、生産性の向上や優秀な人材の確保など、 企業にとってのメリットが大きいと考え、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)に積極的に取り組む企業を 『沖縄県ワーク・ライフ・バランス企業』として認証登録し県民に対して積極的にPRします。





    ・ひやみかち健康経営宣言 令和1年7月30日宣言
      ひやみかち健康経営とは健康管理推進のキャッチフレーズ
      労働者の健康を大切にすることで会社の成長・活力を高める取り組みを宣言する沖縄労働局が運営している制度です。



    ・福寿うちな~健康宣言 平成30年4月24日認定
    協会けんぽ沖縄支部では健康経営に取り組む事業所をサポートする「福寿うちな〜健 康宣言」事業を行っています。